FC2ブログ

産革日記

世界の車窓から

2008/9/13 午前10時 曇り

th_CIMG3465.jpg

「ねぎしナイト vol.12」に出演。
産業革命のサポーターの皆様、ご来場まことにありがとうございました。
いっぱい来てくれたのでびっくりしました。
それだけアウェーの僕らが心配だったのでしょうか。孫を見守るような気持ち。

オファーしてくれたボララスさん、ありがとう。
なんとか役割は果たせたのではないかと思います。
いやしかし、いいイベントだった。
あんな上手い人達が集まるライブもそんなにないと言うのに、僕たちを招くボララスさんの英断、山師の勘、に感服致します。

産業革命は順調にアクシデントに見舞われ、まあ慣れっこですが、リーダーのギターアキバさんが木曜日から急に出張(下着二枚持ってこい、とだけ言われたそうです)になって秋田へ、何故か会津経由で土曜日正午に仙台に着いて、電車で一度柴田町に戻って楽器を手に午後三時スタジオ入り。ちょっと合わせて、会場をへ向かう筈がまたアキバさんが会社に呼び出されてリハーサルまでに戻って来れるか来れないか、見たいな感じになりました。

アキバさんはライブの2週間前に脚骨折したり、前日インフルエンザにかかったり、当日朝に顎が腫れたりと色々あるので、もう慣れました。

リハにはなんとか間に合ったのですが、今度はアキバさんPAの方にセッティングを全部変えられ、その有無を言わせない態度に珍しく激怒(怒らない人です)するという忙しい日に。
「おとなしく見られるんだろうね。僕たちさ。MCで『僕たちはおとなしく見られるけど、別におっぱいとかおしりとか言いますし』って言おうかなあ」って言うのでみんなでなだめました。

まあ結局打ち上げでそのPAさんに「面白かったよ!」って言われてわだかまり(一方的な)は解けましたけどね。ご機嫌になってました。何だか自由で羨ましいなあ。

僕は仕事と格闘で丁度ライブの時間が疲労のピークに達したみたいで、ねむいねむいねずみ。生あくびが止まらず、ステージでもあくび。おかげで緊張せずに演奏できました。指は上手く動いてくれなかったけれど。

でもまあライブは会場を沸かせたような気もするし、メンバーが楽しい気持ちになったし、成功しました。イベントの雰囲気もあると思う。会場に感謝の気持ちが満ちていた。
ボララスさんと僕は全然違う進化をして来たと思ってたけど、同じようなこと考えたり感じたりしてる所があるのではないかなあ、と今回のねぎしナイトに参加して思った。書くと長くなるからアレだけど。強く思ったよ。

あたたかいお客さんとスタッフ、共演者の方々のおかげで、普段通りのパンクスっぷりを発揮出来ました。

このご恩は、いずれお返しします。精神的に。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kakumeinikki.blog45.fc2.com/tb.php/500-3a4b9886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

cobru

Author:cobru
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する