FC2ブログ

産革日記

世界の車窓から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/5/12 午後6時 晴れ

th_IMG_2100.jpg

上京して帰って来れなかったギターツヨシ。
自分の人生を取り戻す為、修行の日々も終わり無事宮城に生還。

以下は彼の先月の日記を転載。

とりあえずおめでとう。

*************
今日もまた、

現場の所長と、マンションの管理会社の人達と飲み会だった・・・。

今日は、初めからHな話ばかり。

40歳くらいの女性が一人いたのだが、
所長が、

「じゃんけんで買ったら、おっぱい触らせてよ、」
「じゃ、どうしたら、おしり触っていいの?」

なんていう会話?とか、

中国人スナックや、フィリピンパブでの女の口説き方、

「要するに、やっちまえばこっちのもんだ。」
「おっぱい揉んでナンボ。」
「オレは、60人とやった。」

みたいな。

1時間以上くだらないHな話で盛り上がる。

で、やっぱし、おっぱいだけでは間が持たなくなってくる。

出番だ!

秋葉君の出番だ。

だいたい、いつも会話に詰まってくると、
「秋葉君」の出番だ。

「なんで、秋葉君モテナイの?」
「女なんて、やっちまえばいいんだよ。」
「分かった、秋葉君はHが下手なんでしょ?どういう風にやるか教えてみ。」
「女の鼻の穴に指突っ込んで、けつ引っぱたけば、お前のこと好きになるから。」
「もしかして、まだ童貞?」
「秋葉君のおっぱい、オレがなめてやろうか?」
「おしりの穴貸してやろうか?」

・・・、ゲラゲラと笑いながら、そんな感じだ。

むむ、今日、言われたことを活字にしてみたら、
すごいぞ!

こんな感じで、毎回、ご指導いただく。

そんで、僕は毎回、

「いや~」
「そうですかね~」

みたいな返事をするのです。

で、2次会は、カラオケへ行きました。

AKB48の曲を3曲歌いました。
というか、歌わされた。
あと、エグザイルのチューチュートレイン。

で、
「好きなやつ歌いなよ。」

なんて、気軽に言う。

ディランのlike a rolling stoneや、
ジョンのGOD、デビッドボウイ、
U2、モンキーズ、OASIS、
とか歌ったらドン引きするくせに!

イライラが頂点に達しようとしたそのときだった。

誰かが選曲した曲が流れ出した。

やさしい笛の音(ね)が聴こえてきた。




  野に咲く花のように風に吹かれて

  野に咲く花のように人を爽やかにして


  そんな風にぼく達も  いきてゆけたらすばらしい

  時には暗い人生も   トンネルぬければ夏の海

  そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです

  
  
  野に咲く花のように雨にうたれて

  野に咲く花のように人を和やかにして


  そんな風にぼく達も  生きてゆけたらすばらしい

  時にはつらい人生も  雨のちくもりで また晴れる

  そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです

  
  
  ルルルル .........





オレは、小さかった、小さくまとまるところだった。

なんのために東京の桜を見たんだよ、オレ。

どこ見てたんだ、くそっ。

オレなんて、
風が吹けば、部屋ん中に入れるし、
雨が降れば、カッパを着れるじゃないか。。。

この曲のおかげで、
ホント、今日もオレはすばらしかった。

そして、所長は最低な人間だ。
帰りぎわに、

「明日、頼むね。」

だって。
明日は、10時半までは来ないな。

職人さんが明日、円滑に作業が出来るかとか、

本当はもう、どうでもいいのだけれど、

なんとなく、最後、きっちりやるか。
スポンサーサイト

2012/4/20 午後6時 晴れ

th_IMG_2031.jpg

上京して随分経つ。ギターツヨシが宮城県に戻る為に頑張っている。昨夜は試験を受けた。
以下ツヨシの日記から転載。
がんばれ。

~~~~~~~~~~~~~~~

産業革命宮城組復帰試験

西住小学校28年1組 秋葉 剛


<第一問>
下記のすべての語句を1回使って、今の心境を述べよ。
(責任感、幸せ、希望、パンダ、カミカゼ、街コン、レディー・ガガ)

<答え>

今日も、空は青い。
ここには、どのくらいいるのだろう。
日本から、どのくらい離れているのだろう。
ここには、パンダはいないようだ。


何ヶ月前からか、自分が米軍の空母へ体当たりする瞬間の映像が
5分おきに頭の中にちらつく。

ほっぺたや、腕をつねってみる。
痛みを感じるので生きているのだろう。

しかし、生きているっていうのは、こういうことなのだろうか。
呼吸はしているし、自分の考えで動いているような気はするが・・・。

お国の勝利のために命をささげないといけないことも分かっている。

今の戦況が、日本にとって、とても厳しいものだということも分かっている。

そろそろ、僕も行くときかな。

そんな夏の日だった。

正午のラジオ放送。
それは、日本の敗戦を知らせるものだった。

すべて終わったんだ。
お国のために死ねなかった・・・。
天皇陛下のお力になれなかった・・・。
というのは、表向きの感情。

正直、あまり責任感を持ち合わせていない僕は、
ほっとした。

赤い紙っきれが来てから、必死に周りに合わせ、
お国のために頑張っているふりをしていただけなのかもしれない。

日本に帰ったら、

ほっかほかの白いご飯で作った、にぎり飯が食べたい。
海苔を丸く切って、パンダのようにして。

まあ、仙台の街コンに行くぞという希望も沸いてきた。

そんな、ちょっとの幸せを感じたい。



レディー・ガガ。




<点数> 60/100点

・カミカゼを使用していない -20点
・街コン、希望の使用に無理がある -10点
・パンダを2回使用 -10点

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

cobru

Author:cobru
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。